ふくらはぎの肉割れ

ふくらはぎの肉割れ治療の方法!原因や治し方について

ふくらはぎの肉割れを解消した女性

 

からだの部位の中でも肉割れができやすいのが「ふくらはぎ」です。

 

大人になり働きだすと、座り仕事に就く人もたくさんいます。しかし、歩く時間のほとんどが毎日の通勤だけになってしまう男性や女性は多いです。

 

そのため、筋力が低下をすることで肉が付きやすい部分としてもかかわってきます。
肉割れの原因は太ることだけが原因ではありませんが、その他の要因もふくらはぎにはかかわってくるのですね。

 

せっかく頑張っても、ふくらはぎに肉割れができてしまっては意味がありませんよね。
スカートを履くにしても冬は厚手のストッキングで隠せても、夏はそうはいきません

 

なんとか消したいと思うのですが残念ながら完璧に消すことはできません。

 

ですが、目立たなくすることはできます。

 

ダイエットしているのにも拘らず、なぜふくらはぎに肉割れがなぜできるのでしょうか?
肉割れは皮下脂肪が急激に増え、皮膚がその速度に追いつけなかったことで切れてしまった痕です。

 

ふくらはぎ肉割れができる原因は皮膚が伸び切ることによる断裂

ふくらはぎの肉割れを解説する男女

 

ふくらはぎに肉割れができる原因はすでに皮膚が伸び切って断裂をしているためです。

 

急激に痩せたことで伸びていた皮膚がたるみ、切れていた肉割れが目立つようになっただけなのです。
たるんでしまった皮膚は元には戻りません。

 

ダイエットするのでしたら、マッサージや保湿で皮膚を柔軟にしておくことです。
肉割れは急激な体型の変化が原因とされています。

 

激しい運動などで短期間にふくらはぎの筋肉が増えてしまうことも、肉割れができやすくなります。
実は、ふくらはぎにできる肉割れ線は、急激な体型の変化だけではありません。

 

歩き方が悪い人は肉割れになりやすい!ふくらはぎの肉割れができた人の特徴

 

足に負担がかかることで、ふくらはぎに肉割れができる原因にもなります。

 

歩き方が悪いと下半身太りや、痩せている人でも肉割れが出来やすいのです。
足に負担がかかる歩き方の原因は靴にあります。

 

バランスの取れた正しい歩き方は、足指、指の付け根、かかとの3点に重心を置いて歩くことです、
パンプスやハイヒールなどは、指の付け根とカカトの2点だけにしか重心が置かれないため、指が反り返った状態になってしまいます。

 

そのため、不安定な歩き方となり、ふくらはぎの筋肉に負荷がかかってしまうのです。

 

負荷がかかることで、筋肉を大きく発達させてしまいます。
また血行も悪くなり乾燥を招いてしまうのです。

 

乾燥してしまうと伸縮性が失われ、筋肉が大きくなると皮膚が伸ばされて、内部の皮膚組織が切れてしまうのです。
外反母趾、偏平足、浮き指などは歩き方が不安定になる原因にもなります。

 

また、骨盤の歪みもバランスの悪い歩き方になってしまうのです。

 

ふくらはぎの肉割れケア!目立たなく薄くする為のケアに必要なのは保湿

 

肉割れのクリームで保湿することが効果的です。

 

肉割れは真皮を切ってしまったことで、肌の水分が蒸発して硬くなっています。
そのため、ターンオーバーの働きが弱くなっているのです。

 

正常に戻すためには新陳代謝を上げ保湿することで、傷ついた細胞を新しく生まれ変わらせることができるのです。
肉割れクリームにはそのための、有効成分が配合されています。

 

まとめ

 

肉割れができる時に痛みを感じることがないので、ふくらはぎにできていても意外と気が付かないものです。

 

ダイエットでいきなり激しい運動をしてしまうと、痩せたことでもともと出来ていた肉割れが目立ってしまうのですね。
脂肪の増加だけではなく、激しい運動や足に負担を掛けることも、筋肉が大きく発達し肉割れができる原因となるのです。

 

肉割れは肌が乾燥していると、伸縮性が失われているため出来やすくなります。
改善するには血行を良くしてあげることです。

 

そのため、毎日のマッサージや有効成分が含まれたクリームで保湿することが大切なのですね。